私達について

業歴30年以上の確かな実績と経験
北海道企業だからこそ実現出来る
道民のカーライフサポートを

私達タイヤ丸は、新しい時代にふさわしい
カーライフサポート
を目指し、サービス開発・設計を日々研鑽しております。
充実の品揃えとリーズナブルな価格、スムーズなシステム設計。
全てはお客様に快適なカーライフをご提供するために。

mission

お客様のカーライフを
サポートする
マイスターでありたい

I want to be a meister to support the car life.

Residents of Hokkaido

北海道の「タイヤ」のことなら
私達「タイヤ丸」にお任せください!

私達「タイヤ丸」は北海道企業だからこそ出来る当社独自の目線で、
北海道にお住まいのお客様にご満足頂ける商品を各種取り揃えております。
北国の厳しい冬をはじめ、オールシーズンで対応。

「タイヤ丸」サービス開発の
経緯と目的
VISION
Overview

サービス開発の経緯

Development History

全ての方によりよいカーライフをお届けしたい。
私達はその一心で、新たなタイヤ販売のスタイル
を開発いたしました。

北海道の地で30年以上車に向き合い、冬の過酷な路面状況まで知り尽くした私達だからこそ、ご提案できるサービスを。タイヤのスペシャリストである我々が、お客様にオールシーズン快適なドライビングをご提案いたします。

サービス開発の経緯
Overview
Objective

サービス提供の目的

PICK UP POINT

新しい時代のカーライフを牽引するサービスを作る。

その理念のもとに、IT技術の積極的利用、タイヤ取付店舗との連携を通し、ドライバーの皆さまがスムーズにタイヤの購入から交換までを行えるシステムを設計しました。
タイヤの購入と同時に取付予約が完了する、即時性と利便性を備えたサイトを開設し、いままでにない新しい購入体験をお客様にお届けします。

サービス提供の目的
objective

ご挨拶GREETINGS

北海道で生まれ育った私達自身も、
長年に渡りスタッドレスユーザーである事です

私達「タイヤ丸」は、北海道札幌市で自動車関連事業に30年以上携わってきました。この度、このサイトを開設するにあたり、他社様より自信を持ってお伝えできる事は「北海道札幌市で生まれ育った私達も、長年に渡りスタッドレスユーザーである事です。」
31年間の業歴の中で、スパイクタイヤからスタッドレスタイヤへの移行も見てきた私達だからこそ、ただ安価な商品を紹介するだけでなく、より良い商品を、的確なサービスで御提供できると自負しております。私達「タイヤ丸」をこれからもご愛顧の程宜しくお願い致します。

1988年9月
北海道札幌市豊平区にて「ドゥリームオート」創業
国産、輸入車販売開始
1991年7月
北海道札幌市中央区にて「スターエンタープライズ(有)」設立
並行輸入車、輸入開始
2000年9月
エアロパーツ開発、販売開始
2002年1月
韓国への自動車、自動車部品輸出開始
2002年4月
北海道札幌市豊平区にて「(株)海」に組織変更
2002年6月
自動車ボディーコーティング業開始
2005年4月
自動車のリースUP車両、買取開始
2020年12月
「タイヤ丸」事業を開始
会社名
株式会社 海
設立日
2002年4月4日
代表者
宋 浩哉
所在地
〒062-0936
北海道札幌市豊平区平岸6条13丁目3-8
Googleマップで見る
事業内容
・ 自動車販売
・ 自動車関連商品販売
・ 車検整備
・ タイヤ販売
・ ホイール販売
取引先
札幌トヨタ自動車(株)グループ
札幌トヨペット(株)
北海道日産(株)
(株)ホンダカーズ
(株)オートランド札幌
(株)北海道ブブ
(株)シュテルン札幌
(株)モトーレン札幌
(株)エイトップ
(有)オートショップ道央
(株)ホソカワコーポレーション
(株)阿部商会
(株)ヤナセオートシステムズ
東日本自動車タイヤ(株)
日北自動車工業(株)
(株)日孝自動車整備工場
(株)和光ケミカル
ビレッジバンガード
ラガーコーポレーション
イメージキャラクター
プロゴルファー

宮本勝昌KATSUMASA MIYAMOTO

所属先:ハートンホテル
生年月日:1972年08月28日
出身地:静岡県
血液型:O型

日本大学1年時の1991年、4年生の丸山茂樹を下して『日本アマ』を制覇。
プロ入り後は同期の片山晋呉や横尾要に先駆けて98年4月の『つるやオープン』で初優勝を飾った。
同年の『日本シリーズ』では尾崎将司をプレーオフで下している。
01年には『日本ゴルフツアー選手権』と『日本シリーズ』の2冠を制している。
14年の『日本シリーズ』で通算10勝に到達。
16年は史上9人目の生涯獲得賞金10億円突破も果たした。
18年は体調を崩して18年間守っていた賞金シードから陥落と苦しんだ。しかし「令和初のトーナメント」となった
19年『中日クラウンズ』では最終ホールのバーディで混戦を制して2年ぶりの通算12勝目。鮮やかに復活した。
06年から11年にかけて151試合連続出場の記録をつくった鉄人。
選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。

タイヤ・ホイールを探す 選択肢から、あなたに最適なタイヤを探してみましょう

タイヤ検索

選択肢から、あなたに最適な
タイヤを探してみましょう

選択肢から、あなたに最適な
タイヤを探してみましょう

選択肢から、あなたに最適な
タイヤを探してみましょう

ホイール検索

選択肢から、あなたに最適な
ホイールを探してみましょう

選択肢から、あなたに最適な
ホイールを探してみましょう

選択肢から、あなたに最適な
ホイールを探してみましょう